SAMIE & SARA

幼い頃から動物や自然環境に深い情熱のあった海外生まれの二人は

小学6年生の時にインターナショナルスクールで出逢い、

以来家族のような関係に。

それぞれ大学の卒業を機に二人で動物や自然に

貢献できる仕事を始めたいと決意し、

そこで立ち上がったのがこのブランドSAMSARAです。

https://samsara-feels.com/

【メッセージ】

サムサラのブランドメッセージである“Our voice, their future.”。

このメッセージには、SAMSARAが絶滅危惧種の動物にとことん寄り添って

彼らの”声”となり、その声に呼応した人々がアクションを起こすことで、

共に彼らの”未来”をつくっていきたい、そんな想いが込められています。

【なぜ絶滅動物なのか?】
今日、人や環境の問題にフォーカスした様々な活動は多く存在する中、
同じ地球の住人であり健康的な生態系の重要な要素である動物達、
特に”絶滅危惧種”にフォーカスした活動はあまり目立っておらず、
全体的にまだまだ意識が低い、軽視されているように感じられてなりません。
人間、そして地球が抱える様々な問題と同じように、
彼らの問題についてももっと意識が高まり真剣に考えられ、議論し、
行動に移していくべきだと私たちは強く考えています。

SAMSARA

3日間:洋服などの展示販売
​  SAMSARAは会場にいます

episode

​「家族のような」という表現が上記にもありますが、まさに二人は私にとって妹のような存在。
​子供の頃からの私を知ってくれている広原ヒュッテ・リヒトのファミリー。
そして、その娘であるサミーを、赤ちゃんの頃から私は知ります。
お互いのいろいろな変化や状況や環境を共有してきました。
もはや、「ような」も抜けて「家族」であり「妹」です。
サミーがサラと出会い、二人の動物への愛情と情熱がこのように仕事に繋がり、
関わる人たちと大切にメッセージを届けている姿を心から尊敬し応援したいと思っています。
このような関係であっても、時に我慢したり、または譲れない想いを伝え合ったりしながら・・・
まさに試行錯誤しつつ生まれる彼女たちのブランド作品を、どうぞ、手にして頂けたら幸いです。
それはどれも、愛らしい表情を持つ絶滅危惧種の生き物のキャラクターと、
二人がこだわりぬく、肌触りの良い生地で作られた作品であり、メッセージです。

「虹の戦士」語り10周年企画

~ Rebirth ~
帰還と再生の物語

 

10月30日(金)~11月1日(日)

※手捏ねキャンドルWSは30日(金)
​※語りとLIVEは31日(土・満月)

リヒト5.jpg

​ お問い合わせ

​ メール配信希望

© 2020 by nijinosenshi.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸