​「虹の戦士」語り

【想い

小さい頃、誰かに本を読んでもらった経験をお持ちの方も多いのでは。
読む人の声に導かれて広がっていく、ご自身だけの想像する世界。
目から入る情報が溢れる映像社会の今だからこそ、「想像力」も大切。
その力は「創造する力」へと繋がり、人生により彩りを与えてくれます。
また、この物語に特化している理由は、
アメリカン・インディアンが 信じつづけてきた 帰還と再生の物語」という紹介の通り、
様々な物事が入り組む現代を生きる全ての人たちへ、大切なメッセージと道具を渡してくれるから。
​語り部の坂口自身が、どれだけこの物語に助けてもらってきたかは数えきれず、
活動を続けて10年になろうとする今も尚、発見と力を受け取り続けています。
インディアンの老婆と少年の物語を借りて、帰還と再生のメッセージを贈らせてもらえたら幸いです。
各地、onlineで語りの場を設けていますので予定をご覧いただき、お気軽にご参加ください。
また、企画してくださる方からのご依頼をお待ちしています。
​想像と創造をご一緒できることを楽しみにしています。

【感想

語り部教室の感想

​想像していたのと全く違う「語り」

ネイティブの歌から始まって、自分が想像していたのと全く違う「語り」で、何より語りの方がとても生き生きしていて見入ってしまいました。
おばあちゃんの役の時は、目の前にまるで少年がいるように話していて、
またその逆もあって目が離せませんでした。

少年とおばあちゃんの関係は最後、少年だけでなく​、

おばあちゃんも成長しているように感じました。

​映像や写真はないのに

物語の神秘性、壮大さを感じられて良かった。
ネイティブたちが暮らしていた昔の自然も人の心も美しかった世界を
少しでも理解できた気がする。

​映像や写真はないのに目の前で実際に繰り広げられているようで

本当にすごかった。

 
 

​ お問い合わせ

​ メール配信希望

© 2020 by nijinosenshi.

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸